正法眼蔵アーカイブ

正法眼蔵の過去の記事をまとめています♪

扇風機を選ぶなら♪


扇風機の件ですが、緊急を要するので家人の職場にすぐに持ち込んで
もらったのですが、流石にエアコンだけですごすのは快適ではない

勿論エアコンはかなり頭のよいものですが、いまさらながら
優秀な扇風機の存在が大きいことがわかります。

1_20170513190443fe6.jpg


家人が持ち込んだものはかもめファンといって
2_20170513190445902.jpg

かもめの羽の形状や効率を考えてつくられたものです。
私が選んだのはそこのポイント

長い年月はぐくんできた技術はそう簡単につくれるものでは
ないでしょうね 先人に学ぶことが大切です。

こんどは
3_20170513190446d8f.jpg



これでいこうと思います♪

スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 19:05:28|
  2. 穿った見方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かもめファン♪

家人の職場で問題発生...です。

実はこんな感じなんですよ♪
1_20170513190202245.jpg

職員の体感温度がまるっきり違う 家人は夏は暑いと感じるのですが
違う職員は真夏の暑さでも寒いと感じる これは感覚の問題で
どうも解消できないみたいです。

しかたなく家人は会社を説得して扇風機を持ち込むことに

色々と考えましたが、今リビングで使っているものを
もっていってもらうことに♪

2_20170513190204992.jpg


少し実験してみましたが、周りの風を巻き込まずに風を送ることが
できます 優れものです♪

それはいいんですが、家用がなくなります。

何か買わないといけませんね♪

これは大分悩んで買いましたから、これと同等 これを超えるものが
欲しいですね♪

さて どうしましょうか?
  1. 2017/05/13(土) 19:02:33|
  2. 穿った見方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭の体操~5


掃除機ですが、普通の紙パックがよさそうです
このタイプの欠点ですが、どうしても大きいですね
そして重い...

あるところで最新の軽いものを試してみました

1-vert_20170416172739d4a.jpg

最新型でした 型番は忘れてしまいましたが確か人気モデル
だったような気がします。

しかし...

3_20170416172740d6c.jpg


こんなイメージでかなり耳につくうるささ 会話もままならない
かなり広いスペースで使いましたので自宅だとどうなるか?
公開されているデジベルの問題ではなく うるさい帯域なんでしょうね~

どうも

最新=軽い=静か


この期待は難しいようです

さてどうするか? まだまだ悩みますね 頭を使います♪
  1. 2017/04/16(日) 17:28:03|
  2. 穿った見方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭の体操~4

掃除機選びはまず自分にあっているものは紙パック式と判明しました。
次はこの問題があります
1_20170416143627789.jpg
紙パック仕様は吸い込んだゴミを介して更にゴミを吸い込む方式
なので、サイクロン式より強力な吸引力が必要になると思われます
つまり軽いタイプが好きな方はいいのではないか♪
2_2017041614362957a.jpg
つまりこんなタイプが最高♪

少し軽いもので考えてみると♪

3_20170416143630c63.jpg

コードレスタイプ 電動工具の電池を利用してコードレス
軽くてコードレスは魅力 

ただ、このタイプはやはりガンガン使うには物足りないですね~

4_201704161436322fb.jpg


風船のように軽いものは...諦めるしかありませんね~

だんだん絞れてきました♪

さあ、おいこんでいきましょう♪
  1. 2017/04/16(日) 14:37:44|
  2. 穿った見方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭の体操~3


それでは以前からある紙パックの構造をみてみましょう♪

1_201704161434432d7.jpg


吸い込んだゴミと空気は必ず紙パックを通過して、紙パックのフィルター
によりゴミと空気が分離します。
これなら効率がいいですね♪

ただ弱点としては、ゴミが増えると同時に吸引力が弱くなる
当たり前ですね。

構造を再度みてみるとほとんどがモーターですね
このあたりがチョイスの鍵になりそうです♪
  1. 2017/04/16(日) 14:34:57|
  2. 穿った見方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ