FC2ブログ

正法眼蔵アーカイブ

正法眼蔵の過去の記事をまとめています♪

発見かも…


正月 仕事を終えなんとなくテレビのチャンネルを
コロコロ変えていると…
おお、年始恒例のVPOニューイヤーコンサート
いつもはあまり興味がなくみないのですが、
今年は“おやっ…”と思ってしまいました。
番組ももう終盤でしたが、その音が心から
離れませんでした。

img_569301_21784330_0.jpg
指揮:フランツ・ウェルザー・メスト


この方はまったくマークしていませんでした。
その音は往年の指揮者に通じるものがありました。

音に“香り”を感じるんですよね~
昔の指揮者にはそんな人は沢山いたのですが、
現代の指揮者にはそのセンスのようなものを感じる人は
ほとんどいませんでした。
この指揮者は化けるのではないかと思います。
さて、この指揮者のCDを買ってみたくなりましたが、
問題は最近のクラッシックの録音です。
果たしてこの香りを捉えることができるのか…
これは録音・編集をされる技術者のセンスが問われますね

何を購入するか迷いますね~

スポンサーサイト



  1. 2013/02/07(木) 21:25:01|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聴き比べ体感! Blu-spec CD×CD クラシック編

聴き比べ体感! Blu-spec CD×CD クラシック編です。

1_20130204155201.jpg

この手法はこのように書かれています。
“規格的には、従来の音楽CDと変わらない。そのため、
今までのCDプレイヤーで再生することができる。
特徴は、ブルーレイディスクの製造技術、
ブルーレーザーダイオードカッティングを用い、
記録面にはその素材として開発された
高分子ポリカーボネート樹脂を素材として使っている点で、
これによりCD信号を読み取る時点で発生するジッターを
軽減させている。スーパー・ハイ・マテリアルCDと
類似した技術である。”

ということです。
つまり読み取り精度を上げて音をよくしていこうという
考え方ですね。このCDにはブルースペックCDと通常のCD
との2枚組みになっています。

私の場合、CD再生はパソコンを活用していますので、
一旦リッピングしてから再生しています。

はい、比較してみました。

予想通り変わりませんでした。

この取り組みはとても素晴らしいと思い、
各社でも盛んにおこなわれています。
同じ音源でも付加価値をつけることができ、
販売価格も高いですね。

しかし...少し時期が遅いと私は思ってしまいます。
もう少し早くこの手の技術が出ていればもっと
売り上げが伸びたのではないかと思います。

パソコンの再生時代 ダウンロード時代に
入っていますのでなかなか差別化が難しいですね。

やはり今この手のラインを伸ばすなら...私なら...

オーディオメーカーと手を組んで、
パソコントランスポートと高音質ソフトのコラボですね♪

これが実現し、うまくイベントなどを開催してアピールできれば
相乗効果でシステムが売れるのではないかと思います。
勿論ソフトも売れますね。

もう一歩 もう一歩ですね 何か消化不足で残念でなりませんね。

がんばってほしいと思っているのですが...
  1. 2013/02/04(月) 15:52:47|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻想交響曲♪


ベルリオーズ幻想交響曲 好きな曲ですね。
好きなだけに、なかなかいい演奏・録音がないのが現実...

色々と名演奏があり、ミンシュを推す人も多いと思いますが、
“交響曲”として捉えるのは私はあまり好きではないので...

これがベストです♪

2_20130204114903.jpg




アバド指揮CSO

新しいスピーカーで久しぶりに聴きこみました。
夢の中でおこった出来事をイメージして作曲したといわれていますので
やはり幻想的にダイナミックに演奏しているこの録音が最高です。

なかなかこれを超えるものがないのでさびしいです
ね...
  1. 2013/02/04(月) 11:51:22|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベートーヴェン 交響曲第9番ベスト盤を探す-2


1_20130204114404.jpg

メンバーや特別なイベントが奇跡を生むケースが多いと考え
これをチョイスして聴いてみました。

~ベルリンの壁崩壊記念コンサート~ バーンスタイン指揮

比較的近年の指揮者で“オーケストラの色”を再現できる指揮者として
バーンスタインには一目置いています。

しかし...う~ん やはり寄せ集めなのか今一歩ですね。
迫力は充分感じられるのですが

なかなかスイートナーを超えることは難しいですね
  1. 2013/02/04(月) 11:45:08|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0