FC2ブログ

正法眼蔵アーカイブ

正法眼蔵の過去の記事をまとめています♪

Manhattan Jazz Quintet/ Manhattan Jazz Quintet

1_20130321085225.jpg



Manhattan Jazz Quintet(Paddle Wheel) - Recorded July 11, 1984.
Lew Soloff(Tp), George Young(Ts), David Matthews(P), Charnett Moffett(B), Steve Gadd(Ds)

1. Summertime 2. Rosario 3. Milestones 4. My Favorite Things 5. Airegin 6. Summer Waltz

アナログ時代からの愛聴盤
初めて聴いたときは、腰が抜けました♪
凄い衝撃でした…
CD時代になって、アナログのあの衝撃がまったく再現されませんでした(_ _。)・・・

最近やっと何とかいい感じになってきました。
オーディオという呪縛から開放されたおかげかもしれませんね。

でも非常に再生が難しいソフトですね。

アナログで再度聴いてみたいです!!!
スポンサーサイト



  1. 2013/03/21(木) 08:52:54|
  2. ジャズソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインライト


1_20130315212017.jpg
グローバーワシントンジュニア ワインライト
アナログ時代からCDとかなりの期間聴きこみ、耳タコながら
何故かいつ聴いても新鮮な感動に満たされる盤
そんなスルメ的な盤ですね。

一時ビット数を上げて加工された盤を購入して聴きましたが
まったく駄目 レンジが広くなりすぎ味わいがなくなりました。

リマスターという言葉がジャズCDの世界では流行のようですが、
この盤に限っては何もしない方がいいようです。

ああ、また聴きたくなりました。
  1. 2013/03/14(木) 12:52:12|
  2. ジャズソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

〝英雄〟聴き比べ②

英雄の聴き比べ 次はこれになります。


2_20130314092430.jpg
アバド指揮ウィーンpo

ジャケットが豪華ですね♪
はい、演奏も豪華です  キラキラしているというか煌びやかというか
とてもリッチな気分にさせてくれますね~

流石ウィーンフィル ウィーンフィルのイメージらしいです

ただ...何かイマイチ自分とは相性が...

アバドの演奏もテンポが速まったり遅くなったり...
それでもウィーンフィルは崩れない アバドが自分の演奏をしようと
しているのですが、応じているようで応じていないそんな違和感を
感じてしまいますね~

どうしてだろう? ? ?  

よい演奏 よい録音だと思いますが自分には一寸...という感じですね

なかなか難しいですね...
  1. 2013/03/14(木) 12:49:13|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

〝英雄〟聴き比べ①

それでは英雄の聴き比べをスタートです♪
まずは今までの決定盤を改めて試聴です♪
1_20130314092430.jpg
フランツ・コンヴィチュニー指揮ドレスデン国立歌劇場

あらためて思うのは、この演奏が〝いぶし銀〟の音色ということです。
よくタンノイのヴィンテージスピーカーをいぶし銀と表現しますが、
ここでの演奏はまさに正真正銘のいぶし銀の表現です。
最初は不鮮明な弦と感じるのですが、次第にその魅力にはまっていきます

また、テンポも丁度いいんですよね
モノラル録音ですが、ヘタな初期ステレオ録音より鮮度が高いので
あまり違和感なく聴くことが出来ます。

いいですね これ♪

さて、これを越えるものが出てくるか...興味津々です♪♪♪
  1. 2013/03/14(木) 12:45:36|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベートーヴェン〝英雄〟の聴き比べがスタート♪

ハルコウ様のご好意で貸していただいたCDの中に
ベートーヴェン交響曲第3番〝英雄〟が3枚入っていたのに
気づかれた方もいらっしゃると思います。
実は英雄に関しては非常に難しくタイトル通りダイナミックな演奏が
期待される半面、細かい表現が大切だということも曲を
聞いていると感じ取れます。

この非常にナイーブな曲に決定盤がなかなかみつからなかったのです。

今までのベストはこれです♪
1_20130314092430.jpg

詳しくは試聴の際の記事アップで♪

長年のベスト盤ですが、モノラル録音ということもあり、
音のいい盤がほしいところです♪

今回お借りしたものは...
2_20130314092430.jpg
アバド盤


3_20130314092431.jpg
ミュンヒンガー盤


4_20130314092431.jpg
モントー盤

案外渋い選択でしょ♪ 何か匂いますね~これらの盤は...

試聴が楽しみですね♪
  1. 2013/03/14(木) 09:26:27|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルゲリッチ(p) チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番


ハルコウ様からお借りしたCD試聴の続きです♪

これもクラッシックイン六本木で初めて聴いてビックリしたディスクですね♪

2_20130313190653.jpg
3_20130313190654.jpg

このディスクにはライブ録音が2曲入っていますが
聴いたのはチャイコフスキーです。

こちらも初めから白い炎が燃え上がっています
こちらはアルゲリッチが仕掛けていき、コンドラシンのタクトがそれに
こたえて、ジワジワとヒートアップしていく演奏です。

演奏しながらお互いの情熱がぶつかり合い火花を散らす
素晴らしい演奏ですね♪

この演奏もエバーグリーンです 何度聴いても素晴らしいの一言ですね
最後に拍手が入っていますが、私も思わず拍手してしまいます。

また、これだけ熱い演奏ながら細かい部分の表現なども手を
抜いていないのが素晴らしいですね♪

この曲でベスト1-2を争う素晴らしいものだと思います♪

お勧めですね♪♪♪
  1. 2013/03/13(水) 19:07:21|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヌブー(Vn)ブラームス ヴァイオリン協奏曲

ハルコウ様からお貸しいただいたCDを聴き始めました♪
まずはこれです♪

1_20130312174427.jpg2_20130312174427.jpg



このディスクを知ったのは先日紹介した〝クラッシックイン六本木〟
でした。音はよくないのですが、その演奏にひっくり返りました♪

白く燃え上がるような炎につつまれた演奏でした。
この長い曲を一気に聞き込んだのですが、まったく時間の経過を
感じない素晴らしいものでした♪

久しぶりにこのディスクを自宅で聴いてみると、やはり音が悪い...
以前聴いたときよりも粗が目立ってしまっています。
ただ、細かい音もより聴こえるようになっているので
演奏の様子がよくわかります。
ヌブーの熱気は当時のまま素晴らしいものですが、イッセルシュテットの
指揮者としての資質が素晴らしいことがわかります。
この方はよく協奏曲の伴奏をされるのですが、その意味がやっと
わかりました。独奏者の気持ちやそのときの感情などを敏感に汲み取り
伴奏されているようです。

ですから最初から全体に統一感がありますね♪
これは素晴らしいことです。
この方の単独の演奏も聴いてみたくなりました。

音は悪いですが、熱気がそれを上回り一気に聞き込めました

やはり素晴らしい演奏は何年たっても素晴ら
しいですね
  1. 2013/03/12(火) 17:45:19|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハルコウ様からCDが♪

ブログのお仲間〝ハルコウ様〟にご無理をいって
CDを貸していただきました♪

私のリクエストにお答えいただきおおきにm(_)m

これです♪

1_20130312173953.jpg
英雄 モントー ミュンヒンガー アバド です。
聴き比べが楽しみですね♪

2_20130312173954.jpg
白熱のライブ 2枚


3_20130312173955.jpg
ヌブーのブラームスとシベリウス デュメイのブラームスです


興味深い盤ですね しばらくクラッシック漬けになりそうですね♪

  1. 2013/03/12(火) 17:41:29|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミンシュ ボストンSO メンデルスゾーン 宗教改革

堀内淳様の記事で非常に興味をそそるものがありましたので、
堀内淳様にご無理をいって送っていただきました。

そしてもう1枚はオクで購入♪

1_20130312173529.jpg

同じ音源のLPとCD

堀内淳様に送っていただいたものはLPで、1959年のモノラル録音
私が購入したCDは同じ音源でステレオとなります。

この時期はモノラル録音からステレオに移行する時期ですので
このような録音が出てくるのでしょうね  非常に興味深いですね♪


早速試聴してみました。

☆モノラルLP
エネルギーを感じる録音 ミンシュのエネルギッシュな部分のみ
抽出したような演奏です。
骨太の演奏ですね 魅力的です♪

☆ステレオCD
 強奏部分はやはり素晴らしいエネルギーを演出し、弱奏では
色彩感の強い優雅な演奏が展開されます。
少し後方に像が展開されますね


それにしてもミンシュの演奏は素晴らしいですね♪
メンデルスゾーンの交響曲も食わず嫌いでしたが、その曲の素晴らしさに
触れ、集めてみたくなりました。

堀内淳様おおきにm(_)m
  1. 2013/03/12(火) 17:36:47|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当の確認音源~シベリウスチクルス♪

昨日の記事で紹介した大人買いしたシベリウス交響曲のライブ盤ですが、
この1982年に開催されたコンサート その東京公演はすべて
いきました。クラッシックの本格的なコンサートは初めてでした。

しかし、そのコンサートはとてもレベルが高く、衝撃を受けました。

1_20130311113928.jpg


残念ながら、交響曲第2番は大阪での演奏ですが、
“フィンランディア”は私の聴いた演奏でした。

初日のコンサート冒頭の曲ながら、熱のこもった熱い演奏でした。
最初からノックアウトされてしまいました♪

私は北欧にはいったことがないのですが、まさに北欧をイメージさせる
素晴らしい響きが展開されました。
弦・管楽器ともいぶし銀の渋い音で決して明るくはないのすが、
寒さに耐えているという強さがひしひしと伝わってきました。

演奏のバックに北欧の自然の風景をイメージさせ、それでいて
その寒さに打ち勝つ熱さ 熱気が混在となった素晴らしい演奏でした。

一連のコンサートで、ヘルシンキフィル=シベリウスという
イメージが固まり、これを越えるものはいまだないという状況です。


シベリウスを好んで演奏されたカラヤン ベルリンフィル
この世界で最高の指揮者 オケでさえ私からすると...

“何か大きな勘違いをされていませんか???”
と思ってしまう程です。

この曲を聴くと、当時のコンサートの模様がありありと思い出されます
曲が終わり“ヴラーボー”と叫んだ人の位置からすると大体マイクが
セットされた位置がわかりました♪

感動と音を確認できる それが本当の確認音源だと
思いますね♪

正規の録音もありますが、やはり素晴らしいですね♪

2_20130311113928.jpg


この指揮者 もっと注目されてもいいと思うのですか...

なかなか難しいですね...
  1. 2013/03/11(月) 11:41:35|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに大人買い♪

久しぶりに大人買い♪

1_20130309184917.jpg
2_20130309184918.jpg

1982年ヘルシンキフィル来日公演の記録
シベリウス交響曲チクルス

これは、東京 大阪 福岡で開催 FM東京でオンエアされました♪

まさに奇跡の演奏会でした♪
東京公演はすべていきました 本当に素晴らしい体験です

明日これについて熱く書かせていただきます♪

これで4K(送料込み)です やすかったなぁ♪♪♪
  1. 2013/03/09(土) 18:49:54|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワルター『田園』『運命』を聴く♪

先日購入したオープンリールからの復刻盤のうち、
ワルターの『田園』『運命』を聴いてみました。

1_20130309184313.jpg


今までのものはこれですが...2_20130309184524.jpg

まず驚いたのが、音の鮮度です。非常に高いです。
また、情報量が格段に多いですね。
バスの域の音が明快ですね♪
弦はエネルギーが高く、ヘタをすると耳をつくような音も出てきます。
音場もこの時代の録音としてはよく出ますね。

また、ワルター独特の“香り”のような表現も通常盤では味わえなかったの
ですが、この盤では味わえますね~

はい、ご希望の方は貸し出ししますよ~
  1. 2013/03/09(土) 18:41:51|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにディスクを購入♪

本当に久しぶりです ディスクを購入したのは...
昔は月に20枚位のペースで購入していたのですが、
ホント半年ぶり位ではないでしょうか ? ? ?


何故かHMVが好きなんですよね~
でも2枚のディスクなのに相変わらず大きな箱ですね♪

1_20130308214620.jpg


購入したのはこれです♪
2_20130308214621.jpg3_20130308214621.jpg


パソコンオーディオにしてから、ディスクの品質やリマスターなどには
興味がなくなりましたが、このシリーズはオープンリールからの復刻と
いうこと 限定盤で入手が難しくなるということで購入しました。

特にワルターは楽しみですね♪
今晩にも試聴してみたいと思います♪
  1. 2013/03/08(金) 21:45:32|
  2. クラッシックソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0